マッチングアプリ攻略

マッチンアプリで「仲良くなったら会いたい」と言われた時の対処法

マッチングアプリの女性をデートに誘ってみたけど、「仲良くなったら会いたい」って言われちゃいました。

この場合ってどうすればいいの?あと脈なしですか?

非モテくん

勇気を出してデートを誘ってみたものの、「仲良くったら会いたい」と言われた。

こんな経験ありませんか?

仲良くなったら本当に会ってくれるのか、断るための口実ではないのか、と不安ですよね。

どうのように対処すれば良いのか悩みますよね。

今回はそんな問題を解決するテーマです。

想像してください、あなたが綺麗な女性とデートしているところを。

対処法を勉強して、楽しいマッチングアプリライフを楽しみましょう。

記事の内容

  • 仲良くなったら会いたいって具体的にいつ?
  • 仲良くなったら会いたいの本当の意味
  • 「仲良くなったら会いたい」と言われたときの対処法

仲良くなったら会いたいって具体的にいつ?

「仲良くなったら会いたい」とよく女性は言いますが、具体的にいつなのでしょうか?

またどのようにすれば仲良くなれるのでしょうか?

目安は1週間

よく言われる目安は1週間です。

「仲良くなったら会いたい」と言われてから1週間以内に約束が取れるかが大切です。

1週間を超えてしまうと話題もなくなり、次第にトークが少なくなっていきます。

また、マッチしたてはお互いに新鮮で気分が高揚しやすいです。

時間が経てば経つほど新鮮さが失われ、新たな異性を探してしまいます。

1週間以上経ってもデートの約束が取れない場合は相手に会う気がない場合が多いです。

仕方ないですが、諦める方が得策だと考えます。

メッセージだけでは絶対に仲良くなれない

ではどのようにして仲を深めていくと良いのか、それは通話です。

デートに誘うと言うことはそれなりにトークをし、盛り上がったと言うことです。

さらに仲を深めようとしたときにそのままトークで攻めても伸び代は小さいです。

それならばいっそ電話をしてください。

声を聞くだけで女性は安心感を覚え、あなたの雰囲気も分かります。

電話で好印象を与えられたら、電話でデートにもう一度誘っても良いですし、トークでも大丈夫です。

とにかく、メッセージだけでは絶対にそれ以上に仲良くなれません。

マッチして1ヶ月以上経ったら会う気がないかも

先ほど、「仲良くなったら会いたい」と言われて1週間いないと言う話をしました。

それに加えて、マッチしてから1ヶ月と言うのも目安にしていきましょう。

やはりどうしても長引けば長引くほど双方の気持ちが冷めてきます。

1ヶ月でデートの約束が取れなかった場合は女性に会う気がないことが多いです。

また1ヶ月以上トークを続けるのも大変です。

会う約束は取れたもののデートの日が1ヶ月以上先の場合は会えないことが多いです。

あなたと女性の予定があるかもしれませんが、やはりベストは約束して1週間以内に会うことです。

時間が経てば経つほど会える可能性が下がることを意識しておいてください。

仲良くなったら会いたいの本当の意味

「仲良くなったら会いたい」と言う言葉は、本当に会ってくれるのか、会いたくないのか真意がどちらか分かりにくいですよね。

はっきりと判別をつけることは難しいですが、候補は3つあります。

それではみていきましょう。

まだ警戒心があるから

一つ目の候補は警戒心があるからです。

本当にもう少し仲良くなりたいと言うことですね。

この場合は今後の展開次第で良い方にも悪い方にも転がります。

もう少しトークで趣味や共通の話題で盛り上がるか、電話をするかで仲を深めましょう。

警戒心があるパターンの「仲良くなったら会いたい」はマッチからデートまでが早いときに見られます。

次の女性の時は誘うタイミングを少し遅らす方が良いかもしれませんね。

他に良い人がいるのでキープしている

女性はあなただけでなく、たくさんの男性とマッチしておりトークもしています。

デートに誘う男性も多いです。

その場合、やはり女性にも優先順位があります。

女性の第一候補はよほどハイスペックな人なのでしょうね。

しかし人気の男性は競合率が高いのでその女性もフラれるかもしれません。

その時がチャンスです。

自分のものにしちゃってください。

そのためには「仲良くなったら会いたい」と言われても連絡を取り続けることです。

キープならあなたにも大いに可能性がありますし、電話でより一層自分をアピールすることで優先順位を上げることができます。

断る口実のため

残念ながら断る口実に使われることもあります。

この場合は残念ですが、その後挽回できる可能性は極めて低いです。

早々に諦めて次に向かいましょう。

断る口実のパターンの特徴は、マッチしてから結構時間が経っていると言うことです。

結構とは目安として3〜4週間です。

しっかりトークをしていれば、1〜2週間ほどである程度仲は深まりデートの約束は取れます。

長い間トークしていて諦めるのはもったいないと思うかもしれませんが、これ以上時間を使う方がもったいないです。

切り替えを意識していきましょう。

「仲良くなったら会いたい」と言われた時の対処法

それでは肝心の対処法を見ていきましょう。

方法は大きく分けて3つあります。

しっかり理解して実践していきましょう。

電話をしてみる

これは先ほどまで紹介してきましたね。

電話では声や雰囲気を女性に理解してもらえます。

それだけで一気に安心感が生まれ、警戒心が解け、会ってみたいなと思ってもらえます。

ビデオ通話までする必要はありません。

電話が苦手かもしれませんが、効果は絶大なので一度試してみてください。

切り口を変えて誘う

具体的な方法は以下の3つです。

  • 仲良くなりたいから会う

仲良くなってからではなく、仲良くなるために、とすることで女性も納得しやすいです。

  • 会うハードルを下げる

ランチにしたり、会う時間を短くすることで女性の警戒心は薄れ、会いやすくなります。

  • 自然な流れで誘う

電話で盛り上がったりレストランの話をしていたりするタイミングで誘うと断りづらくOKの可能性が高くなります。

時間を空けて再度誘ってみる

最後の方法は単純です。

時間を空けてもう一度誘ってみます。

空けた時間の間に仲良くなってしまいましょう。

すぐに何度も誘ってしまうとしつこいと思われてしまいます。

そうなれば取り返しがつきません。

マッチ解除させる可能性もあります。

焦らず、着実に仲を深めていきましょう。

まとめ

まずは「仲良くなったら会いたい」の真意を掴むことが大切です。

それでその後の対応が変わってくるので、だいたいで良いので把握しておきましょう。

約束を取るまでの期間に注意し、最後に紹介した3つの対処法を試してみてください。

実践を繰り返すことで自分なりの感覚が掴めてきます。

あなたのマッチングアプリライフが充実したものになることを願っています。

-マッチングアプリ攻略