マッチングアプリ攻略

マッチングアプリで長文メッセージはダメ!【嫌われます】

愛をこめて長文をポチッと!

あれ、、、返信が来ない。

非モテくん

この子とデートしたいな、仲良くなりたいな、トーク盛り上げよ!

と、狙っている女の子についついやっちゃうNG行動は長文メッセージです。

悪気がなく、むしろ好感でしている行動に思わぬ落とし穴があります。

しかし、絶対にダメというわけではありません。

NGな理由がわかれば、使い分けも自ずとできるようになります。

また、無意識のうちに長文を送ってしまう人には長文にならないコツをお教えします。

それではマッチングアプリにおける長文について勉強していきましょう。

記事の内容

  • 長文がダメな理由3つ
  • 長文にならないコツ
  • 長文を送っても大丈夫なとき

長文がダメな理由3つ

結論、長文はダメだということですが、その理由を迫っていきましょう。

理由は大きく分けて3つで、どれも大切です。

重い

単純に重いと女性は感じてしまいます。

マッチしたてでまだ何も知らない人からいきなり10行もの長い文が送られてきたら怖いですし、多少仲良くなっていても面倒臭く感じてしまいます。

メッセージのやり取りの基本は相手のメッセージと同じくらいの量で返信するということです。

つまり2行で来たら大体2行。

これで考えると10行なんかでくると2.3行で返すのは申し訳ないと思ってしまいます。

しかし、10行で返すとなるとめんどくさくなってしまいます。

結局返すのが重いと感じてしまい、そのままトークが途絶えてしまいます。

読む気が失せる

マッチングアプリをしている女性は大人数の男性とマッチしています。

常に10人はいるイメージで良いでしょう。

10人の相手をしようと思えばなかなかの労力が必要です。

まとめて時間が取れない人は合間の時間で返信します。

しかし、そこに長文がくると返信だけでなく読む気すら起きません。

長文は考えている以上に存在感が大きいです。

長文を見た瞬間に萎縮してしまう子もいます。

良好な関係を続けるには短文でテンポ良く楽しい会話を心がけましょう。

デートするときに話題がなくなる

長文を繰り返すことで、一度にたくさんのことを話してしまいます。

例えば趣味の話を上げてみます。

短文のやり取りならこんな感じです。

「趣味はカラオケなんだ!」

「週1は絶対行くんだ。」

「よく歌うジャンルはバンド系かな」

「全然上手くないから80点ぐらいだよ。」

「僕は絶対DAM派なんだ!」

これで5往復ですよね。

しかし長文の場合はこれが一回のやり取りで終わってしまいます。

そのため、一つの話題に対して深くなりがちです。

これがデートで話題がなくなる原因です。

トークは目的ではなく手段ですよね。

デートという目標に向けての準備としてトークをうまく活用しましょう。

長文にならないコツ

ついつい長文になってしまうかもしれないのでコツをお教えします。

これからあげる3つのコツを意識するだけで長文を送る失敗はなくなります。

さらにトークもスムーズになり、好感度を上げることができます。

深掘りしすぎない

一つ目は深掘りしすぎないことです。

少し深掘りするのは効果的なのでぜひ使ってください。

ダメなのは深掘りしすぎです。

好きな共通のアニメがあると想定して例を挙げます。

「このアニメのキャラは〇〇が大好きなんだ!」

「〇〇のこういうところが好きなんだよね。」

これくらいであれば相手も同じアニメが好きで、共感を深めることができます。

しかし、これからもっともっと踏み込むと危険です。

相手はオタクと言われるまで好きではないかもしれません。

そんな女性に向かって、

「〇〇のあの技の由来はね、〜」

「このキャラってこんな特性があるけど、実は〜」

など深掘りすればするほど専門用語や詳しい説明を必要とし、どうしても長くなってしまいます。

盛り上がっていれば、許されますが、そうでなければ最悪です。

長文を書かないためということであるので、とにかく深掘りしすぎないことですね。

質問は一回の返信で一つにする

二つ目は質問は一回の返信で一つです。

これは見落とされがちなポイントです。

どうしてもトークが続いてくると、一つの質問に答え切る前に新たな質問が追加されることがあります。

いつの間にか一回の返信でお互いが異なる話題についてそれぞれ答えているような状況ができてしまいます。

そうなれば必然と返信文が長くなってしまいます。

内容もごっちゃになってしまいます。

そこで徹底して欲しいのが『一回の返信で質問は一つ』です。

しっかりと一つの質問を終えて、双方答えが出てから次の話題へと移ってください。

これを意識するだけで非常にスムーズになります。

自分語りをしない

男性がよくやりがちなことですね。

自分語りは長文になってしまうだけでなく、女性は聞きたくない、興味のないことです。

私もですが、自分語りは大好きです。

女性に自分の凄いところをもっと知ってもらいたいし、話を聞いて欲しいです。

しかし、マッチングアプリを使うとき、それは封印してます。

自分のことに関しては相手が尋ねてきた時だけにしましょう。

聞いてもいない自分語りをしてしまうと女性からの印象はダダ下がりです。

気持ちを抑えて、自分からは絶対しないようにしましょう。

長文を送っても大丈夫なとき

長文は絶対ダメというわけではありません。

もちろん長文を送るときには注意が必要ですが、紹介するこの2パターンの時は大丈夫です。

メッセージで盛り上がっているとき

最初に長文がダメな理由を3つ挙げました。

その中に重い、読む気が失せるとありました。

しかし、これらを感じないような場面が盛り上がっているときです。

お互いがメーセージを一瞬も置かずに返信している時は非常に盛り上がっています。

その時は女性もトークを楽しんでおり、早く返信を読みたがっています。

ですので、長文を送っても全然問題ありません。

長文を送りたいような内容がある時は盛り上がるまで送らずに、盛り上がったタイミングで送ってみましょう。

タイミングを変えるだけで印象を下げるどころか、さらに盛り上げることができます。

相手が長文を送ってきたとき

トークの基本は相手のメッセージと同じくらいの量で返信することだと言いました。

ですので相手が長文であった場合は当然長文で返して大丈夫です。

というよりも長文で返す方が良いでしょう。

しかし、女性が長文を送ってくることは滅多にありません。

だからこそ、長文が送られてくるとしたら、あなたのことが気になっている証拠です。

長文を送り返して、さらに仲を深めていきましょう。

まとめ

今回は『長文メッセージ』をテーマに解説してきました。

長文を送ることは非常に危険度が高いです。

なので、ダメな理由をしっかり把握し、長文にならないコツを意識しておきましょう。

しかし、そんな長文をうまく利用することもできます。

長文を送るタイミングを考えて、うまく活用していきましょう。

あなたのマッチングアプリライフが充実したものになることを願っています。

-マッチングアプリ攻略