マッチングアプリ攻略

マッチングアプリでライン交換後にブロックされないための3つのコツ!

マッチングアプリでライン交換した後にブロックされてしまったかもしれません。

ブロックされた原因と対処法を知りたいです!

非モテくん

デートの約束を取るまでの第一関門ライン交換を突破!!

やっとライン交換ができたし、楽しく会話しよー。

スタンプ、ぽちっと!

1日後、あれまだ返信こない。

3日後、まだ返ってこない。

ブロックされたか、、、

こんな経験ありませんか?

これは誰もが通る道です。

経験があればできるだけこの状態を避けたいですよね。

まだ経験のなければ、こんな経験したくないですよね。

今回はそんな悩みを解決します。

マッチングアプリを攻略していく上で必要のラインでのやりとり!

この記事では、マッチングアプリでライン交換後にブロックされる理由と対処法を解説していきます。

この記事を読むことで、ブロックされるようなことはなくなります。

そして、女の子とのデートができるようになります。

記事の内容

  • ラインをブロックされたかチェックする方法
  • ライン交換後にブロックされた理由
  • ライン交換後にブロックされないためのコツ

ラインをブロックされたかチェックする3つの方法

ラインをブロックされないようにというテーマの記事ですが、まず自分がブロックされているのかわかりませんよね。

ただ単に返信を忘れられているだけかもしれません。

そこで簡単にブロックされているかチェックする方法を3つ紹介します。

ブロック確認が相手にバレない方法もあります。

ラインスタンプ/着せ替え/絵文字のプレゼントを試してみる

これは相手にブロック確認をしていることがバレない方法です。

プレゼントとなっていますが、購入までする必要はありません。

方法は簡単です。

ラインスタンプなどをプレゼントするだけです。

実は、ラインではプレゼントを送ろうとしても相手にブロックされている状態では送れない設定になっています。

そのため、送れなかった場合はブロックされているということになります。

ただし、相手がもうすでにプレゼントしようとしているスタンプなどを持っている場合も同じように送れなくなります。

ですので、試す際は絶対に持っていないであろうスタンプを複数プレゼントして、確認することをオススメします。

ノートを新規作成する

ラインでノートを新規作成する方法です。

通常であればノートのタイトルがトーク画面上で表示されます。

しかし、ブロックされていれば、表示されません。

これも簡単なチェック方法ではありますが、注意点があります。

もしブロックされていなければ、唐突にノートが作成されたことになります。

女性の方は驚きで不信感を覚えるかもしれません。

また、勘の良い女性であればブロック確認していることに気づくかもしれません。

女性としては気持ちの良いものではありません。

複数人トークを作成してメッセージを送信する

これには協力者が必要です。

まず、ブロックの有無を確認したい相手、協力者、自分の3人のトークルームを作成します。

作成の段階では双方ともに通知はいきません。

その後、なんでも良いのでメッセージを送り、通知を送ります。

そして協力者の画面を確認し、グループの人数を確認してもらってください。

自分の画面では3人になっているのが、協力者の画面では2人になっていればブロックされていることになります。

これも注意点は、もし女性がブロックしていなかったら、通知がいってしまいます。

その点には十分配慮し実行していきましょう。

ライン交換後にブロックされた理由

ブロックされないように対処を講じるにはまずはその理由を知る必要があります。

まずは自分でどんな理由が考えられるか予想してみてください。

おそらくその理由もあっています。

こちらではよくみられる理由を挙げていきます。

良い人が見つかったから

もちろんその女性に良い男性が見つかったら、ブロックされます。

あなたも女性とお付き合うすることになったらブロックしますよね。

この場合は仕方ないです。

改善すべき点を挙げるとすればもう少し早めにアタックすべきだったということですね。

しかしこの場合はそれほど気にする必要はありません。

メッセージに問題がある

ラインに移行できた嬉しさからついつい早く、多く返信していないですか?

ラインのペースは人それぞれです。

マッチングアプリ上での会話とラインの会話の頻度は異なります。

マッチングアプリは通知オフにしている女性は多いです。

なので、アプリを開いたタイミングで見つけたら返信をするという感じです。

しかし、ラインは通知オンの場合が多いです。

ですので、急かしたり、早めに返信をしてしまうと相手に負担を感じさせてしまいます。

オススメの方法は返信をするまでの時間をいろいろ変えてみてください。

早かったり、遅かったり、その間だったり。

それらのパターンで平均どれくらいで返ってくるかが相手のペースです。

それに合わせてあげましょう。

業者の可能性も

マッチングアプリには業者が潜んでいる可能性もあります。

パパ活や他のサイトへの誘導などです。

その場合は相手から一度提案があります。

その提案を拒否すると相手から何の音沙汰もなくなります。

お金を要求されたり、知らないサイトへの誘導は業者なので、あなたからブロックすることをおすすめします。

ライン交換後にブロックされないためのコツ

それでは本題のライン交換後にブロックされないためのコツです。

上の二つのことを理解した上で、ブロックされないためのコツを学ぶことで効果が大きく向上します。

それではみていきましょう。

お互いの共通点の話題をする

アプリ上とライン上で特に変わることはありません。

急に下ネタに持っていくなどは言語道断です。

ラインを交換してもらったということはあなたに好感を持っているということは事実です。

しかし、まだそこまで親密にはなっていません。

少しずつ親密度を上げていくために共通の話題で盛り上げていきましょう。

この人とのトークは面白いなと思ってもらえれば、ブロックさせることは絶対にありません。

メッセージの頻度・量を相手に合わせる

先ほど、ブロックされる理由のメッセージに問題があるという項目で話した通りです。

マッチングアプリは既読機能や通知をオフにしているため、女性は返信しなくてもあまり罪悪感を感じません。

しかし、ラインでは通知がしっかり届きます。

既読マークもつきます。

あなたが相手のペースに合わせず、どんどんメッセージを送ると女性は早く返さなきゃ!

と、あなたとのラインを負担に感じてしまうかもしれません。

そこで返信のタイミングを試行錯誤して、相手の返信速度にできるだけ合わせるようにしましょう。

また、一回のメッセージ量にも気をつけてください。

短文に長文で返すと、これもまた相手の負担になります。

ラインの頻度や量は加点方式ではなく減点方式です。

相手に合わせて当たり前です。

失敗するとその都度好感度が下がっていくので注意してください。

自然な流れでデートに誘う

よくブロックされるタイミングはデートに誘うメッセージを送ったときです。

女性は全くデートする気はなかったのに唐突にくると、対応に困りそのままブロックということにもなります。

だからこそ、デートに誘う時は流れというのが大切です。

相手にこれからデートに誘われるということを意識させることが大切です。

例えば、

「好きなスイーツとかある?」

「へ〜、マカロンが好きなんだ。」

「美味しそうだし、一回食べてみたいな」

「おすすめのお店とかあるの?」

このタイミングで

「今度一緒に行こうよ!初めてのマカロン食べてみたい」

このように相手に意識させることが大切です。

意識させる途中で相手が話を変えてくるようでしたら、まだタイミングとしては早すぎるのかもしれません。

まとめ

今回は『マッチングアプリでライン好感後にブロックされないための3つのコツ!』を紹介しました。

どうでしたか?

これで失敗することはないと自信がついたんじゃないですか?

恋愛は自信を持つことが大切です。

頼りない男性を女性は好きになりません。

もっともっと勉強して自信をつけていきましょう。

あなたのマッチングアプリライフが充実したものとなることを願っています。

-マッチングアプリ攻略